PAGETOP

ページ内移動リンク

contentstop

新潟ブロック > 中央区エリア > 人物

写真家 中村脩氏 / Photographer Mr. Osamu Nakamura

新潟の様々な表情を撮り続ける写真家 / A photographer who has been taking Niigata photos from various aspects


中村脩氏プロフィール / Profile

1957年生まれ 
堀之内町出身(現魚沼市)、現在新潟市在住 
日本広告写真家協会(APA)会員

2000/11 にいがた「緑」の百年物語イベントにてふるさと新潟の景観について講演
2002/11 にいがたロケネット設立記念シンポ「新潟の風景を考える」で藤沢周氏らとシンポジウム
2003/9 FM PORT 「ピープル」に2日間にわたって出演。新潟の風景や様々な活動について語る
2003/9.11 PEACE ARTポスター展・PEACEコンサート企画(松之山)
2004/10 にいがたを表現するポスター展2004主宰
2006/3 にいがたを表現するポスター展2006主宰
1998~ ウォン・ウィンツァンピアノコンサートを開催(毎年)
1999~地域にて毎年地域イベント企画開催
他・・・

1957   born in Horinouchi-machi (current Uonuma city), currently lives in Niigata city. A memeber of Japan Advertising Photographers' Association (APA).
Nov. 2000 spoke on Niigata's landscape at “GREEN, One hundred. Niigata event”.
Nov. 2002 attended the memorial symposium of the establishment of Niigata Location Network,“think of Niigata's landscape”with Mr. Shu Fujisawa
Sep. 2003 appeared as a guest on FM PORT “People”for 2 days in a row.
Sep.11,2003 organized the exhibition of PEACE ART posters and PEACE concert in Matsunoyama.
Oct. 2004 presided over the poster exhibtion of expressing Niigata 2004
Mar. 2006 presided over the poster exhibition of expressing Niigata 2006
1998~  holds annual Wong Wing Tsan piano concert
1999~  organizes local events every year
etc.


写真展 / Photo exhibitions

1985/7 尾瀬風景写真展 :群馬県
1985 写真展「ザウィンドオブザランドスケープ」詩人鈴木良一とのコラボレーション:新潟市
1988/7 鼓童写真展「たたく」:新潟市
1991/1 写真展「新潟の夕日」:新潟市
1996/12 写真展「雪降る越後の幻想風景」:新潟市
1998/1 写真展「四季の光景」:東京都
1998/5 写真展「四季の光景」:千葉県
1998/9 写真展「四季の光景」:福島県
1999/3 中村脩写真展:新潟市
2001/2 中村脩写真展「風因譚」:新潟市
2004/10 中村脩写真展:佐渡市
2005/5 中村脩写真展:新潟市
他・・・

July 1985 a photo exhibition of the landscape of Oze in Gumma pref.
1985 a photo exhibition of “The wind of the landscape”, the collaboration between Mr. Nakamuara and a poet RYOICHI SUZUKI in Niigata city.
July 1988 “BEAT”: a exhibition of “KODO”, traditional Japanese drum performers, in Niigata city.
Jan. 1991 a photo exhibition of “Niigata's sunset”in Niigata city.
Dec. 1996 a photo exhibition of “visional scenery of Echigo, where snow falls”in Niigata city.
Jan. 1998 a photo exhibition of “sights of four seasons”in Tokyo pref.
May 1998 a photo exhibition of “sights of four seasons”in Chiba pref.
Sep. 1998 a photo exhibition of “sights of four seasons”in Fukushima pref.
Mar. 1999 a photo exhibition of Osamu Nakamura in Niigata city
Feb. 2001 a photo exhibition of Osamu Nakamura in Niigata city
Oct. 2004 a photo exhibition of Osamu Nakamura in Sado city
May 2005 a photo exhibition of Osamu Nakamura in Niigata city
etc.


冬の親不知 / OYASHIRAZU in the winter

南北に長い新潟の中で最南端に位置する糸魚川地域はフォッサマグナと隣接する北アルプスがあるせいで最も変化に富んだ地形がみられる場所として被写体に事欠かない。この地域で産出する翡翠は古代から日本各地のみならず朝鮮半島にも輸出されていたというが、以前私も海岸で翡翠探しに興じたことがあった。しかし驚くほど様々な石があり、ほとんど見つからない翡翠よりも他の様々な色の石を拾って楽しんでいたことがたびたびであった。

新潟から190キロ近くあり、何度か通ってようやく厳しい冬の親不知海岸を撮ることが出来たのは、この風景には厳しい冬の様子が一番似合っているとずっと思っていたからである。本当にここの地域の自然は翡翠のように無垢で美しい要素がたくさんあり、私が一番に魅力を感じる地域だ。

ITOIGAWA, the farthest south area of north and south extended Niigata, has abundant photographic land features as there is Northern Alps (Hida Moutains) located next to Fossa Maguna.
This area produces Feicui, that used to be not only sent to other places in Japan but also exported to Korean Peninsula. Once Mr. Nakamura enjoyed searching for Fuicui. He, however, found himself enjoying collecting other colourful stones more than finding Fuicui, that was hardly found.

He had visited OYASHIRAZU, about 190 km away from Niigata city, several times in order to take photos satisfying him. He believes that Oyashirazu Coast appears to be most attractive in severe winter days and that this area is the most fascinating place as its landscape has lots of pure and beautiful elements like Fuicui.


入り日の海 / Ocean sunset

長い新潟の海岸線も北端と南端以外は広い砂浜が続くところが多い。変化に富む海岸線を持っているのも新潟の魅力のひとつかもしれない。新潟を囲むような脊梁、多くの河川によって運ばれてきた土砂が作った沖積平野、そして最前線にある広い砂浜。新潟の自然を他と違うものにしている最も大きな理由はこれではないかと私は思う。

最近は波消しブロックのせいで原始地球的海岸線を見ることが出来る地域は限られているが、そのなかでここは最も広い砂浜として大好きな場所で、写真を撮らないときでもよく立ち寄った。

Niigata has a long shoreline with wide sandy beaches except for south and north of the coastlines. These shorelines with different shapes might be one of Niigata's attractive features. He suggests that some of main reasons why Niigata's nature differs from others are mountains surrounding Niigata, alluvial plains, and the wide sand beaches.

He often stopped by at this beach in the picture to see the existing primal shorelines, many of which are receding due to tetrapods.


潮騒 / Sound of the surf

変な言い方だが、まるで日本ではないような雰囲気を感じることがある。今までにたった一回しか見たことがないのだけれど、砂浜を馬が走っていたのである。日本の中で新潟ではない、どこか外国のような風景と錯覚しそうな光景だった。新潟には日本と違うどこか異国の中にいるように感じることがよくある。

It is strange to say, but he sometimes feels as if he were not in Japan.
Only once in a lifetime, he saw a horse running on the sand beach of Niigata. It looked like a scene in some foreign countries.


夏の大野亀 / Onogame in the summer

新潟県の長い海岸線の中で約230キロほどを占めている佐渡島。荒波にもまれ、様々な岩場の景色を作り出し、独特な歴史を抱いて日本海に浮かんでいる離島だ。佐渡の中では最もアクセスがよくない地域のために、かえって佐渡らしさを感じさせてくれる所として観光客にも人気がある。ここは佐渡の北端に近い場所だが、かつて行ったことがある日本の最北端よりもかえって最果てを感じさせてくれる雰囲気がある。

Sado island, 35km away from the main island, has coastlines of 262.7km. Wild waves of the Japan sea have created unique rocky stretches.

Onogame is the area that is hard to reach due to the lack of transportation yet popular among tourists because of its Sado-like atmosphere.
He thought Onogame had the quality of ends of the earth more than the farthest north island of Japan where he had once visited.


冬の棚田 / Rice terraces in the winter

一概に冬と言っても各地各様の冬の風景がある。太平洋側から見ると、新潟の冬も山形の冬も富山の冬も違いがわからない。降雪の少ない新潟市も十日町市も同じ雪国だと思っている人も多いかもしれない。

最近十日町と合併したばかりの旧中里町のこの棚田の冬はかなり十日町の冬と違うような気がする。透き通るような深みのある青い色を放つ棚田の向こうに太陽が昇るとき、人工の棚田と自然との共同作業によって完成したリズミカルな造形美を独り占めし、写真を撮るのが最近の冬の楽しみの一つになっている。


雪の夜 / Snowy nights

日本の最豪雪地のなかで私は育った。夜シンシンと降る雪。しかし何日も何日も降雪が続くと、シンシンという表現が辛辛や震震といってもいいくらいの恐怖に近い感情になってくる。一言では言い表せない感情が雪国に住む人たちの性格を得も言われぬ雪国仕様にしてきたような気がする。人々はあまりにも長く降り続く雪の夜、一種悲しみに似た深い深い感情を育ててきたような気がする。


萬代橋冬柳 / Bandai bridge and willows with snow

新潟県内でも最も雪が少ないと思われる新潟市の海岸近く、萬代橋に雪が積もった朝、西高東低の気圧配置が崩れ徐々に高気圧に覆われはじめた。雪をまとった絹のような柳の細枝にバランスのとれたアーチ橋の建築美。硬軟取り合わせた構図の中に新潟の風景はこうあるべきだというような、何か風景のなかの意志のようなものを感じてしまう。


萬代橋夕景 / Bandai bridge at dusk

「雪降らば ゆかむと君にちかひたる その新潟に雪降るといふ」

と詠んだ吉井勇は新潟の情緒を愛し、かつて新潟にしばしば 足を運んだ。「待ってるね」とコピーを付けたポスターで日本観光ポスターコンクール入選の栄誉をいただいた残照に浮かぶ萬代橋の写真はまさに攻撃的ではなく、受け身で佇むおおらかな広がりを持つアーチ橋の美しさをシルエットのなかに強調している。美しいスタイルの人がシルエットの中にすべての魅力を表現しているように、町も橋も美しいものはみなシルエットの中にすべての表現を隠している。


霧の萬代橋 / Bandai bridge in the fog

海霧が多くなるころも萬代橋が美しく見える。なぜかというと、風格のある萬代橋以外の夾雑物が見えなくなるからである。萬代橋のような風格のある構造物はそれなりの背景とともにあってようやく引き立つのではないかと思う。本来は引き立て役の背景が萬代橋の価値を高めるべきなのだが一年に数遍しか訪れない自然現象の中でしか本来の萬代橋を感じられなくなってきたような気がする。

新潟は何処にあるのか?霧の中にしか新潟を感じられなくなったような気がするのは皮肉である。新潟ブルースの出だし「思い出の夜は霧が深かった・・・」は痛いところを突いている?

Bandai Bridge appears attractive in a sea fog when all the other buildings become invisible. Stately structures like Bandai bridge are showed up on the suitable background.
Background should serve as a foil for Bandai bridge, but Mr.Nakamura thinks he can feel its real quality only in natural phenomena which happen only a few times a year.


雪暮れる萬代橋 / Bandai bridge in a heavy snow

萬代橋が孤独に佇み個性を放ち始める時・・・降りしきる雪の中、私が思い描いていた萬代橋になった。アベックも、行き交う車のヘッドライトも、向こうにかすむネオンも何もかも私の感情の中で一つになって輝き始めた。


棚田の春 / Rice terraces in the spring

新潟は水環境にとても恵まれているところだと思う。四季がはっきりして自然のサイクルの中で植物が再生を繰り返し、それを人が利用する。昔から連綿と行われてきた自然との共生の営みが新潟では他の地域よりも豊かに行われていた。日本が工業化する以前、新潟県が全国一の人口を誇っていた理由は生産地イコール消費地だったからだろう。今は消費地と生産地が離れていることが普通になったが、住んでいる者にとっての新潟は相変わらず豊かだ。こんな山の中の棚田を撮っているとそんなことを感じる。


越後平野の秋 / Echigo Plain in the autumn

灌漑排水によって、安定的な米作が可能になった新潟平野は日本一の穀倉地帯となった。秋の一日、雲を追いながら黄金色の田園でのんびり写真を撮っているとこちらまで実りの豊かさを感じさせてくれる。

Niigata Plain became the largest production centre of rice in Japan as the development of irrigation and drainage system has allowed Niigata steady rice harvests.
One autumn day, even he could feel fruitfulness while leisurely following clouds and taking photos in golden rice fields.


朝霧のハザ木 / *HAZAGI in the morning fog

朝靄でかすむ田園の日の出のころ、天気予報では台風がくることを告げていた。風はほとんどなく穏やかだったが東の空からのびる雲は、いつになく鮮やかに焼け、上空にまで伸びていた。越後平野に点々とオブジェのように残ったハザ木はシルエットに浮かぶときが一番孤独感を感じさせて美しい。滅び行くもののはかなさを感じさせてくれる光景になった。

The forecast said a typhoon would hit the area. The wind, however, was still and quiet and the colour of the clouds extended from the eastern sky were more vivid than usual.
The silhouette of remaining HAZAGI on Echigo plain looked isolated, showing the beauty of declining objects.

*HAZAGI...Japanese ash trees that were used to hang out to dry paddy strows; HAZAGI are disappearing due to the improvement of farming technology.


ハザ木 / HAZAGI

今では越後平野で最もハザ木が多く残る夏井、昔の田園風景の面影を残す唯一の場所となった。春先、残雪が湿った空気を結露させる頃に発生する霧。今年はとても雪が多かったので雪の少ない平野部でも霧が発生した。乳白色の霧はハザ木の形を際だたせ、本来の用途とは違った何か大切なものをあぶり出す幻想的な光景となった。

NATSUI, where many Hazagi still remains, is the only place that can remind us of Niigata's old country view in Echigo Plain. In early springs when remaining snow builds up condensation, patchy fog rises. Fog rised even on plains in the winter he took this photo due to the heavier snowfalls than usual winters.
The shape of Hazagi standed out against the milky fog, which created a mystic view.


相川の海 / The ocean in Aikawa

芭蕉が出雲崎に到着して、かの有名な一句を読んだのは七月七日の夜だという。

以来、佐渡が多くの人に鮮やかなイメージで想われ語られるときになくてはならない一句になった。その記念すべき日に今までに見たことがないような夕日に出会った。私にとっても忘れ得ぬ日になった数年前のドラマは佐渡じゃなければ生まれないような色彩のドラマだった。佐渡はその湿潤な気候によって生まれる独特の風景と人間の心理があるように想う。

The famous haiku by Basho Matsuo was written on the night of July 7th when he arrived at Izumozaki.

Since then stories about vivid images of Sado cannot be explained without referring to the haiku.
On the memorial day of July 7th, he saw the beautiful setting sun that he had never seen before.


チューリップ畑 / Tulips fields

新潟市内およびその近郊は雪も少なく、雪国ほどはっきりとした春を感じることが出来ない。そんな新潟で色彩豊かなチューリップの絨毯を見ると、季節感を強く感じることが出来る。同じ新潟でも季節の風物詩は当然違うと思うが、他と少し時間差のある本物の春を感じることが出来るのがチューリップの咲く頃である。

Niigata city and the area around it do not have much snow and cannot be seen the obvious difference when the spring comes comparing to the area of heavy snowfall.
However, we can feel the spring when the carpet of tulips appears. Seasonal features differ upon areas, and he finds the spring when tulips blossoms.


佐渡海峡の朝 / Sado channel in the early morning

風景というものは一日たりとも同じ条件、同じ色彩というものは存在しない。広大な宇宙から見ると大海の中のひとしずくに過ぎない地球なのに、こうして無限とも言える色彩と自然の多様性に包まれて生かされていることに幸せを感じるひとときである。光の中に小舟が一艘浮かんでいる。それはあたかも銀河を漂泊する宇宙船のようであった。

The scenery is never the same.

A boat was floating in the sunglow. It looked as if a spaceship floating in the space.


ひまわりと海 / Sun flowers and the ocean

青い海には黄色い花が似合う、佐渡で自生する岩百合の橙色よりも黄色い甘草の方が似合っている。最近では相川の海岸沿いにひまわりを植え始めた。花の島佐渡を標榜している島人たちがボランティア仕事で始めたことであろうか。意外に佐渡ではひまわりが似合う。これで春から夏までは花が絶えることがなくなった。

Blue ocean looks nice with yellow flowers; The blue colour of the ocean looks better with the yellow colour of liquorice than the orange colour of Sado's wild lilium maculatum. Islanders who profess Sado island as a flower island have voluntarily started to plant sunflowers along the coastline of Aikawa.


街 / The City

新潟市の中心部の様子は常に変化し続けている。高いところから見ると一目瞭然だが低いところから見た新潟はあたかもミニ銀座、ミニ新宿の様相だ。風景を切り取るのが私の仕事だが、町は人の視界から自然の風景をはぎ取り、硬質なブロックを積み上げファイバーや金属で繋ぎ、人工の風景を増殖させつづける。機能主義的な町は人間の感覚をどう変化させるかという実験空間だと最近思う。町は増殖、そうでないところは、アメリカの田舎町のように廃墟と化しつつあるのが今の日本の進みつつある姿のような気がする。



霧の乙和池 / OTOWA Pond in the fog

梅雨前線がちょうど佐渡付近に停滞している頃の乙和池が最も美しい。この地に伝わる龍神伝説の中では、娘を渡さなければ七日七晩雨を降らせると竜に脅され娘を渡さなければならなくなるが、現代でもここに女性を連れてきてはいけないのかもしれない。鬱蒼とした樹林の下に潜む池はそんなことを信じさせるくらいの神秘性を持っている。女人禁制かどうかは別として、近年頻発する水害は乙和池や各地の多くの龍神を怒らせるような自然界の掟破りの行為を人間達がかまわず続けているせいなのかもしれない・・・

OTOWA pond looks most appealing when seasonal rain front stalls over Sado area.
According to a local folk tale, a dragon threatened to cause rain that would last seven days seven nights constantly unless villegers handed over the daughter to the dragon. They gave her up to the dragon in the story.
The pond in the dense forest has something mysterious which leads Mr.Nakamura to believe that it might be barred to women even today.
Anyway, the reason why the flood disasters occurring these days could be continuous selfish acts of human beings that against nature laws met with anger of dragons of Otowa pond and other places and caused flood disasters that had occured these days.


雨のブナ林 / Beech wood in the rain

梅雨の頃ブナ林にはいると、かなりの雨でも不思議とほとんど雨が当たらない。それは太陽光を受けるために空に広げた枝や葉が何層にも重なって、直接地面に雨が降り注ぐことを妨げているからだ。たとえ直接雨が降り注いだとしても、林床に落ち葉が重なり、本来の土壌にまで雨が直接届くまでには時間がかかる。たくさんの葉で受けた雨は枝を伝い幹に集まる。他にこんな樹木を見たことはない。ブナ林が天然のダムといわれるゆえんだろう。実際に雨が降るブナ林に入ってみるとそのすごさがわかる。


不動滝 / FUDO fall

水ダムとしての機能が正常に働いている限り、天然の樹林からはいつでもきれいな水が流れている。表土が削れ、土砂が流れないように水の量を調節する機能が働いているからである。それは下流にいる生物のほとんどを潤し安定して豊かな生命の環境を作り出す。新潟は水環境が豊かな所である。


所在地

【住所/address】 〒950-0954 新潟市中央区美咲町1-9-8 / 1-9-8 Misaki-cho Chuo-ku, Niigata-shi 【お問い合わせ電話番号/tel】 TEL.025-281-5155 【営業時間/time】 10:00~17:00 【アクセス方法/access】 事前電話連絡 / Phone in advance. 【駐車場/parking】 無し / None 【HP】 http://




エリア周辺情報を見る
Area guide

公共

アミューズメント

飲食

ショッピング

ホテル

人物

見どころ

商品紹介

このページの先頭へ戻る